近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円−大阪地検(時事通信)

 旅行積み立て契約を装い大阪市の建設会社から7億円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は10日、詐欺罪で近畿日本ツーリスト(東京都千代田区)元社員清田伸知容疑者(41)を起訴した。
 特捜部によると、起訴内容を認めており、詐取した金は高級車の購入やギャンブルなどに使ったという。
 起訴状によると、清田容疑者は満期時にサービス額を上乗せした旅行券を受け取れる積み立て商品「旅したく」の契約の際、建設会社社長に「年3.25%を現金で払い戻せる」などとうそを言い、09年1月まで10回にわたり計7億円を自分の預金口座に振り込ませ、だまし取ったとされる。 

【関連ニュース】
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円
「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議
ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取
落選候補に連座制適用=北九州市議選の偽投票紙事件
詐欺容疑で5年逃走の男逮捕=捜査員、人相でピタリ

<前原国交相>「秘書3人起訴の事実は重い」(毎日新聞)
「自転車世界一周」最後の旅へ 鳥取の40歳冒険家(産経新聞)
捕鯨妨害船が異常接近=水産庁(時事通信)
部屋割りも「小沢支配」? =新議員会館、距離感くっきり−民主(時事通信)
統合医療のプロジェクトチームが初会合(医療介護CBニュース)
[PR]
by nsyjh2oqey | 2010-02-11 13:27
<< 【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁... <腎移植>「誤診で摘出」提供者... >>