普天間、ホワイトビーチ沖合案…官房長官検討(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、平野官房長官が米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)の沖合を埋め立て、滑走路を建設する案を検討していることが5日、明らかになった。

 政府内では北沢防衛相を中心に米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)を推す声も強く、関係閣僚の間で意見集約が難航する可能性がある。

 ホワイトビーチと沖合の津堅(つけん)島の間は水深が浅いため、埋め立てが比較的容易だが、過去の日米協議では、地元自治体の反対などで頓挫している。政府は、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案について、「環境を破壊する」と否定的な立場を取ってきただけに、ホワイトビーチ沖合案を代替案とするのは説得力に欠けるとの見方もある。

羽田空港 ロビーに人あふれる…濃霧で欠航相次ぐ(毎日新聞)
<生物多様性>「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省(毎日新聞)
<原口総務相>NTT労組からの献金300万円 返金を表明(毎日新聞)
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶(産経新聞)
<キャメロン監督>原爆テーマの次回作、揺れる…原作に誤り(毎日新聞)
[PR]
by nsyjh2oqey | 2010-03-06 19:19
<< 引きずり死初公判 殺人罪の適用... <年金保険料>救済効果1710... >>